自治連の概要


 府中市自治会連合会(以下、自治連という。)は、自治会同士が相互に連携協力し、共通する諸問題を協議し解決することで、府中市内の自治会活動が発展することを目的として、昭和43年に創設されました。

 

 自治連の組織は大きくは2種類あり、自治体によって組織形態が異なります。

 1つは区市町村単位で組織されているものです。府中市の自治連はこちらにあたり、市内自治会の上部組織として組織されている任意の団体です。もう1つ、市内を地区割りし、それぞれに地区連合会を組織するものです。市内にも町単位などで連合会を結成している地区がありますが、ここでいう自治連は府中市自治会連合会のことを指します。

 

 自治連は組織の性格上、事務処理や事業の企画立案を独自で実施し、「ふれあいのある、安全安心で、明るく住みよいまちづくり」に寄与しています。

組織図

 自治連の役員構成は会則により定められています。役員は原則、自治連加盟自治会の会長の中から選任されます。

 

 また、図でも分かるように、隔月で開催している常任理事会や、毎月行っている役員会が組織運営上、重要な役割を担っています。

 

 中でも毎年6月に開催している定期総会が自治連の中での最高意思決定機関です。自治連の事業計画や予算・決算などはここで決定します。